カボチャ えびす エビス 恵比寿南瓜 を食べて新型インフルエンザを撃退しよう!!
インフルエンザの免疫を作ろう

ご注文フォームへ

インフルエンザに対する南瓜の効用・効能についての雑感
【下記記載はあくまでも個人的な見解で医学的な根拠のない情報も含まれています。】
西洋カボチャが有効。主にえびす・みやこ・雪化粧・栗味等々現在出回っている品種が該当します。
中でも主にえびす・みやこ・雪化粧・栗味等々現在出回っている品種が該当します。
中でも
えびすは初期の西洋カボチャの特徴を色濃く残していると考えられます。《肉質が黄色のもの》
感染が高齢者に少ないのは?
食糧難の時代にカボチャを沢山食べたから

と言えなくもないですね。

そういえば近所の高齢者の人も昔は
養豚業者が
えさとしてカボチャやジャガイモなどの野菜類を沢山食べさせていた由。

こんなことも多少は感染防止に役立っているかも
          ビタミンA及びβ-カロチンの効能(2000年11月に『五訂日本食品標準成文表』が改訂され「カロテン」になりました)
かぼちゃに多く含まれる
β-カロテンは悪玉(LDLコレステロール)によって血管が閉塞されるのを防ぐ効果があることがわかっています。
免疫を増強する働きがあることが近年分かってきています。
βカロテンは細胞膜の損傷を防ぐ働きをする。強い抗酸化作用により、酸化を防ぎ、体臭予防にも効果的
のどや口などの粘膜・皮膚を健康に保つ。昔からカボチャを食べると風邪を引かないと言われております。
昔からの言い伝えに「冬至にかぼちゃを食べると無病息災」ということがある。かぼちゃのビタミンは、他の野菜のように貯蔵中に減少しない。
これは、野菜不足になりがちな冬の生活の知恵である。
冬至の頃は寒さが到来するとともに風邪も流行し始めるときである。風邪は万病の元といわれている。しかし、

日頃ビタミンAを十分とっていれば
風邪をひいてもかなり状況が違う。

かぼちゃのようにカロチンの多い野菜は、冬場のビタミンAの補給にはもってこいである。カロチンは体内に入ってからビタミンAに変化するのでカロチンの形でとると、必要に応じて体内でビタミンAに変化してくれるから都合がよい(カロチンはかなりの期間、体に貯蔵される)。

専門家は「新型は10代後半に感染しやすい特徴があるのかもしれない」とみる。
一方、米疾病対策センター(CDC)は1957年より前に生まれた人の一部に、新型に対する免疫がある可能性を示した。【永山悦子、河内敏康、奥野敦史】 
毎日jpより転載【09/5/24付】 http://mainichi.jp/select/science/swineinfluenza/news/20090521dde001040005000c.html

外岡立人・元北海道小樽市保健所長は、スペイン風邪など過去の新型インフルエンザでも30代以降の感染者や重症者が少なかった例を挙げ、
「一定年齢以上の人は新型インフルエンザのもとになった豚インフルエンザなど、何らかの免疫を持っているのでは」と話す。
5/29放送のNHKラジオビタミンでは、スペイン風邪を例に一旦収束後10月くらいから猛威を奮い3年続きで流行した由。  油断大敵ですね。


産地直送ぽこぽこ南瓜のご購入案内
画像

初めての方へ お客様の声トップ イタズラ注文について  トップ  ご注文フォームへ    前のぺージへ戻る  特定商取引に基づく表記 送料確認ページへ

南瓜 カボチャ かぼちゃ

品種はあじ平・栗味・みやこ・えびす等各種御座います。

サイズは4・5・6・7・8〜11玉玉入り(各10K)です。

価格は5・6玉入りが箱2.500円前後、その他は1800前後です。小玉は1,500円前後です。

相場によって変動しますのでそのご注文フォームへにてお確かめ下さい。

いずれも運賃は別途申し受けます


原則として上記価格よりも安いものも出回っておりますが、味については保障出来ません。お求めの場合はご連絡下さい。

お客差の声

代金のお支払い 代金引換・郵便振替・銀行振り込みがご利用可能。ご注文時にご指定下さい。振り替え・振り込み用紙を同封致します。

返品について  生ものの性格上原則として返品はご遠慮下さい。尚、万一品痛みが御座いましたら、無償で交換いたします。メールにてご連絡下さい。

お問い合わせ